読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K-POPをゆるゆると。

何十回でも何百回でも一目惚れさせてよ

熱愛発覚前のカイくんがファンタジーだったという話

かなり今更ですがアイドルが虚像に過ぎないというのは本当だなあ、と身にしみて分かった話をします。

熱愛発覚以後のカイくんの行動があまりに悪目立ちするものだったために、他のグループのファンの友達に聞くとカイくんにはクズのイメージしかないとのことで、それはあまりにもったいないと思うんですよね。
そういった行動を私は決して擁護しないし、こんな記事ひとつでイメージアップが図れるとは思わないけれど、それでもただ、昔のカイくんをひとつの理想だと崇めていたオタクもいたんだと誰かに知ってもらいたかったのでここに書くことにしました。現に第一報だけであそこまでオタクのダメージが大きかったのはやっぱりこれまでの優等生ぶりからの落差ゆえじゃないかな、と私は思っているんですが、もう1年前のことになるし確かめるのはやめておとなしく今後を見守ることにしましょう。

結論としては、アイドルをアイドルたらしめているのは見る側の目なんですよね。だからレンズが修復不可能なまでに曇ってしまったらもうアイドルはその人にとってアイドルじゃなくなる。脱退のことばかり頭にあったけど、こういう形でもうそれ以上アイドルを応援できなくなることもあるんだなあと新発見でした。カイペンだったらマジでえくそから降りてましたからね。

注:以後おそらく懐古フィルターが多分にかかってます。


カイくん……私の中でEXOがあのSPAOの広告のようなクリーンかつ爽やかなグループでいるための最後の砦だったカイくん……まぎれもないアジアの初恋でした(やや誇張)

カイくんの熱愛はめっちゃショックだった。
相手があのクリスタルで、熱愛発覚の相手としては申し分ないというか、たぶん韓国芸能界の中で一二を争うくらい多くのファンが納得できる相手だっていうのは分かってるんだけど、私もそこにもやもやしてるわけではないんだけど、なんていうか…カイくんがこれまでちょっと優等生すぎたんだろうなあ…。だからこれまで、EXOに対する不満や期待をカイくんにまとめて押し付けてしまってたと思う。実際カイくんは本当によくやってくれてて、だからこそいずれは崩れるに決まってる幻想を現実として錯覚してしまったんだろう。一報目はともかく続報や足の怪我の偽装疑惑とか諸々を考慮するとその崩れ方はあまりにも激しいものだったけれど。

私の中で印象深いのは、ロスプラの日本公演のとき(東京だったはず)他のメンバーが観光に繰り出してる中、1年近く続いたワールドツアーも残すは日本だけだったにも関わらずソロパフォーマンスをまったくの小道具なしからあの玉座を使ったものに変えたカイくんはその調整のためにずっとリハをしてた、というエピソード。
本当にダンスに魅せられているというか、すごいなあ、プロ意識が高いなあ、と思った。

それ以降もカイくんは、コンサート中も腕にロレックスを光らせるチャニョルがあまり良い目で見られていない中で庶民派キャラを貫き通した。別に庶民派ったってトムブラウンの10万はくだらない素敵な革靴だって履くし、もちろんそれはファンからのプレゼントなのかもしれないけど、どちらにせよカイくんと同じ年齢のふつうのひととはかけ離れてて、本当の意味で庶民派なわけじゃない。だけどその私服はあの時今にもましてSupremeフリークだったチャニョルに比べてだいぶオタクの理想とする私服に程近いものだったし、本当に私たちはカイくんを甘い目で見ていたんじゃないかと思う。(比較対象として適当すぎたためにチャニョルを選びましたが、決して他意はないです)
カイくんに対して文句を言うことなんて、この何年間にも渡ってそうそうなかったんじゃないか?それと同時に、いやそれ以上にカイくんは私たちを甘やかしてくれたし、SNSもせず、ダンスに対して意識が高いとは言えないEXOの真ん中に立って圧巻のステージを私たちに見せつけてきた。期間限定のインスタグラムは、そのいさぎよい去りざまがかえって手の届かない存在であることをこちらに見せつけてくるようで、私はすごくかっこいいと思った。
グループのリア恋枠でありながら、テミンちゃんという美形すぎる親友、MCのとき話してる人をガン見する癖などはオタクに縦横無尽に(笑)妄想することを許してくれた。

最後のは本人が意図したわけではもちろんないけれども、こうしてざっとまとめてみるだけで本当に様々なニーズに対応してくれるアイドルだったことがよくわかる。

また、ソロで活躍するテミンの活動を素直に応援できていないかもしれないカイ、あるいは、不動のセンターかつメインダンサーとして君臨するカイをあからさまに負担に思っているセフン。
年の近い、またそれぞれがダンスを強みとする3人の関係は本当に物語性をもつものだった。前者は推測の域を出ないけれど、後者は最近カイくんが足の負傷でリューションのアンコンに出られなかったときの、ベビドンクライでのセフンのあまりに穏やかな表情のパフォーマンスから実際にこの目で見てとれた。いつも眉根にシワを寄せて踊るセフンが、いつもは2人で踊るパフォーマンスを1人で担わなければならないというプレッシャーがあるはずの状況下で、自分の反対側にカイくんが立たないこと、観客の全員がカイくんではなく自分を見ること、何に対してかはわからないけれど、カイくんの不在に対する安堵のようなものがその重圧よりも大きかったのかと心底驚いた。

こうやって列挙すると、SMの世界観というよりもむしろSMを好む人々の嗜好に本当に合う。本人の動作や言葉から、見る人聞く人によって何通りものサイドストーリーを思い浮かべることができる、偶像として優秀すぎる存在。過去のことだから頭の中で美化してる部分もあるだろうけど、そう考えると本当に惜しい人材だったなあと痛感する。
ただ、なんで現時点でもあそこまで事務所に厚遇されているのか、というのには甚だ疑問(笑)

今はレイさんのグループ活動不定期参加というのが(いいのか悪いのか)定着したのもあって、かなり安定した状態にあると思う。
でもあの頃は最後の脱退からいくらか経ったとはいえ緊張状態が完全に解けたわけではなかったのでは。
個人的な意見としては、自伝などからレイさんの野心や覚悟が人並みではないということが分かって最後の中国人メンバーの脱退に関してはやや安心できたかもしれないけど、自分が推しの脱退により客観的にえくそ全体を見ることができるようになったことで、タオしか見てなかった時には見えなかったグループ全体としての弱み(主にダンスのスキル不足)が急に目に入るようになるなど、様々なことが目についた時期でもあった。

たとえば、割とわかりやすい顔のお直しとか、個人仕事が急増して、その一方で個人仕事があまり入らないメンバーもいたり、いまいちな衣装があてがわれることが多かったり、チャニョルがインスタでぽろぽろ些細な問題を起こすとか、メンバーがリューションで頻繁に泣くとか、いざ書くとなれば具体的な事柄があまり思い浮かばないのが悔しいけど、気のせいかもしれない、もしかするとこんなことを気にしてたのは私だけだったかもしれないけど、まあこれは私のブログなので私の思ったことを書くと、あの頃はなんとなく全体的に不安定だった気がする。

俳優仕事で女の子と2人で継続的に(アイリーンとセフンちゃんみたいな一回きりの雑誌撮影ではなく、ということ)メディア露出をしてたギョンスとかしうちゃん、他事務所の子とデュエットを出すベク、新人の頃にはあり得ない、中堅ドルの域に足を踏み入れたからこその類の個人仕事が一気に増えて、もちろん喜ぶべきことなのに私は少しさみしかったのかもしれない。メンバーのEXOじゃない面が増えることが怖かったのかな。
今じゃカイくんがあの頃と同じリア恋キャラを貫いているのを見聞きするたびにもはや揚げ足を取って笑うしかなく、あの頃私が意図せずアイドルとしての理想像を託してしまっていたカイくんはこの世から消えてしまった。
文学的だとか、その素朴な人柄が出ているだとか言ってもてはやしていたカイくんのブログを昔みたいに文字通りに受け取ることはもうできない。
ふたりでお揃いのものが随分多いようだけれど、女の子の憧れという確固とした立場を築き上げているクリスタルにならって、カイくんがダンサーとしての地位を確立してカイくんのダンスに惚れている、恋愛事に左右されないファンを多く持つためにはまだ長い道のりがあるように思える。
そこを見据えると課題は山積みだし、交際発覚からのこの1年本当に長かったし、現状打開案としてはカイくんのキャラ変を求めるばかり。
ただ、ベクは華麗に(と見せつつベクだし大変な努力をしたんだろうなあ、でも目はデカくしすぎで怖い)オープンカースキャンダルから復活して人気を取り戻したように見えるけど、カイくんがそれを望まないならもうこのままネタキャラに徹すればいいんじゃないかな。カイくんはカメラに抜かれる頻度が高いこともあってかなりキメ顔とかポーズとかで観客を煽るタイプの人なのに歓声が少ないのは辛いんじゃ??と思っていたけれど、ペアリング着けてるくらいだからそこまで執着はないのかも。

かなり手厳しいこと言ってるけど本当に、本格的にボイトレを始めて2年も経ってない上に超絶美人と公開恋愛してるカイくんがあんなにパート持ってるの絶対フェアじゃないよね??頑張ってこそこそ彼女と付き合ってるであろう他のメンバーが報われないと思う。
そこんとこSMさんにはご検討いただきたい!マジで。スマンちゃん見てる〜〜???(見てない)

以上、終わりが尻切れとんぼになってしまうのはこのブログの慣例なのでそれにならってここで切らせていただきます!読んでくださってありがとうございました!

EXO’rDIUMやらComing Overやらの所感

大半は去年書いたものなので、「今年」=2016年で統一しました。わかりにくくてすみません。

今年も行ってきましたえくそコン(受験生)
#1から行き始めてしまうと皆勤しなきゃ、みたいな衝動に駆られてしまうから怖いですね~。

Coming Overは好きじゃなさすぎて、わざわざ数億円(はくだらないですよね?知らんけど)の広告費をかけて渋谷ジャックまでするならその広告費の数分の一でも楽曲製作費に回してもっとマシな曲作れなかったのかよってずっと思ってたんですけど、なんだかんだ日本オリジナル曲って嬉しいもんですね。自分で自分に驚きましたけど3曲通して聞いてすごい幸せな気持ちになってしまった、不覚にも。でも渋谷ジャックはやりすぎでしょ…一般知名度もないのにあんなことするから韓流はゴリ押しって言われるんやでマジで…やればいいってもんじゃないよ…。
いや実際にファンとして109の宣伝動画をYouTubeで見たときはすごい興奮したし流石えくそ、とは思いましたけどマジでファンに対する示威行為でしかないですよね。認知度は多少上がったかもしれないけど露骨すぎて、好意的に捉えてくれた人は何割くらいなんだろうと思ってしまいます。よりによってK-POPにありがちなあの白の世界観丸出しでね…。渋谷ジャック出のアンチはいてもおたくはいないでしょうね。

収録された3曲の中ではRun Thisが好きです。パウパウさえなければキスマイ、かつん感があって(ってキスマイなのはエイベだから当たり前か)完璧だったな~ただパウパウの威力がやばい。初めて聞いたのは電車の中だったんですけど、セフンがごく真面目に「何もかも忘れてパウパウ」とか言うからマジで笑ってしまった。パウパウの落としどころが本当に分からなくて、なぜか脳内でチワワの鳴き声として消化してしまったから何回聞いても本当にシュールだし、色々と大事なもの忘れすぎでしょってつっこみたくなるから家でしか聞けないのが玉にきずですね。
曲中、アイドルソングだとは思えないほど何回もアグリーアグリー言ってくるのがタイトル曲になれなかった所以かなとも思いますけど(でもComing Overの歌詞のペラさも相当なもんですよね???)、ドMなので私にとってはむしろご褒美みたいなとこあります。
チャニョルに関しては、私の中ではシュールさでFirst Loveのラップに勝るものはないのでパウパウは全然引っかかりませんでした。First Loveのラップパートの最後の「らっらぶゆっ べいべっべいべっ」の言い方がなぜか癇に障って、実はFirst Love1回しか聞いたことないんですよね(笑)
TacTixは冒頭でギョンスに「まだ気付かないのか 正体はDangerous」を割り当てた時点でエイベの勝ちは決まりましたね。最高。カイくんが「君は共犯者」っていうのはいかにもすぎだけどそれを補って余りあるギョンスの「まだ気付かないのか」の威力。

急に270度くらい話変えますけどかつんの曲を韓国のアイドルに当てはめるのがこれまた楽しいんですよ…。
N.M.P.(0:42からの前奏が似合いすぎる、この曲で登場してきてほしい)はえくそだけど、BLESSは絶対しゃいにでしょ(Colors of the season大好き芸人)。STAR RIDERはジャニーズ色がかなり強くてあんまり想像できないけど、しゃいにのダンスで見てみたいなあと思います。
NEWSもいい曲多いけど歌詞が性的なものも地味に多いし、何より手越くんの声のインパクトが強すぎて他のグループで想像できないんだよな〜。

さて、ツアーのことに話を移すと、そもそもEXACTの、タイトル曲?活動曲?以外の収録曲があんまりピンとこなくて、だから個人的に3回のツアーで一番セトリ好きじゃなかったです。Transformer以外に見どころが見当たらなくて、ドームから駅までの道で既にブルーレイは買わないと決めました。
あ、Heavenは好きです。チャニョルめっちゃやばくないですか?よく実名も顔も晒して全世界に向けてあんな甘ったるい言葉発信できるよなあ…と心底感心しました。褒めてます。ほんとにイケメンってすごい。
ビジネスで重い男売りしてるの(私の中では八割方確定)、ターゲットを明確に意識して市場に訴えかけている感じがすごく素敵!!!できる営業マンパクチャニョル!!!!

…とまあそれはさておき(賢者モード)、Promiseの歌詞にある約束を文字通り破りまくるという結果に終わったことをもう忘れたのかなんなのか、また懲りずに「君を守る 君のために生きる」と約束してたのは不器用というか、まあチャニョルのそういう浅はかなところ私はすごく好きです!!!すごく好きなんだけど、ただ傷つくことが多そうで少し心配にはなります。
浅はかっていうか、例えばMAMAの授賞コメントで「この1年悔しいこともたくさんあったし不安になることも…」みたいな発言をするあたりですよね。正直えくそって大体何かしら不幸がついてまとってることが多いので、見てるこっちも不幸なえくそに慣れてしまって今どれくらい不幸なのかわからないみたいなとこあるじゃないですか????
言ってくれなきゃわかんないし、他のメンバーは口が固すぎるし、私はそういう仄めかしてくれるメンバーが1人いるのはすごくバランスがいいなあ〜と思ってるんですけど、そういう面を見るたびにチャニョルはきっとこれまでも事あるごとに傷ついてきたんだろうなあとも思ってモンペ発動しちゃいます…。努力家なのに自己評価が低すぎるしうちゃんがピカイチだとは思いますが、チャニョルも不器用な感じがかなりモンペ系ヲタを呼び寄せるタイプですよね……。

ただなんせ、話をHeavenの歌詞にある約束に戻すと、そこがよりによってカイくんパートで。ほんと、公開恋愛中で左手の薬指にペアリングまではめたカイくんがネッコヤキャラ続行してるのは身体を張ったギャグかなんかなんですかね…。
京セラで「僕のすべてを皆さんにあげます」みたいなこと言ったときに、えっクリスタルくれるの!?って思った人絶対私以外にもいましたよね??やっぱり何にせよクリスタルの影がちらつく、っていうかちらつくどころじゃなくカイくんが何かしら目立ったアクションを起こすたびにクリスタルと結びつけて揚げ足を取りたくなってしまうから、もし私がカイペンだったら絶対ペン卒してます(笑)
例:カイくんがインタビューで「幸せとは、実はたいしたことではないのかもしれないですね」と発言したことに対してクリスタルを夜な夜な好きにしておいて幸せがたいしたものではないとおっしゃる……?????などとやたら難癖をつける

まあとりあえずセトリ気に入らないのは分かってて行ったんですけどArtificial Loveのセクシーダンス、ピンクと紫の照明の中でやるのセックスアピールがあからさますぎません??(とか言いつつ双眼鏡で食い入るように見てた奴)(年末のSBSのカイくんのソロダンスのBGMがArtificial Love風でお?来るか?と期待したのにMonsterだけでがっかりした奴)
White Noiseは生で聴いて結構好きになりました。初めて聞いたときはThey Never KnowとOne and Only、White Noiseあたりが同じような雰囲気に聞こえて、どれがどの曲か判別できるようになりさえすればいいかな、と諦めてしまったんですけど意外と何度も聞いてればスルメ曲に化けたりしてたかもしれませんね。
リパケとウィンターアルバムは気に入ったんですけど、活動曲以外のリパケの追加曲とウィンターアルバムのセトリでの処遇にあんまり期待しない方がいいじゃないですか、これまでの経験上。Girl x Friendみたいに良くてファンサ曲どまりっていう…。今回Lady LuckやWhat Ifが組み込まれたようにメインのアルバムの曲は前の年でやっても平気で年またいでくるからな~まあTransformerのリメイクは大満足だったけど~~(結局はただの好き嫌い)
1曲ずつバランス良く取れって言いたいんじゃなくてせめて機会を均等に与えてほしいんですよね。本アルバムの曲は前の年にもうメインでやってしまってるのだから、それをもう一度組み直して見せるか新しい曲に手を出すか、となったら後者の方が期待値高くないですか??でも現時点で1曲もウィンターアルバムやリパケでの追加曲ががっつりパフォーマンス枠に回されてないってことは多分セトリ決めの際にそういう選択肢に入れられててないんじゃないかなあと思うんですよね。まあオール想像でしかないんですけど。
とにかく次の次の次くらいで予想を全く裏切るようなツアーにならないもんかなあと期待してみたりします。でもその頃はその頃で個人スケジュールが詰め詰めになってたりして結局時間とれなさそうだなあ。

あとギタータイム結構長かったけどあそこであんなにセトリ消化する必要ありました??予定調和でやるんじゃなくて1、2曲でいいからちょっと曲目変えるか、あるいは邦楽を取り入れるかして、スペシャル感がほしかったなあ。セフンほどではないけど私も手持無沙汰な感じが否めなかった。セフンほどじゃないけど。まあえくその超過密スケジュールでやれるわけもないし求めすぎですよね。しかもギター弾くのレイさんだし絶対無理に決まってるか(笑)

あと、(それなりに満足してドームを後にしたはずなのになぜかいざ文章にするとどういうわけか不満っぽいコメントしか出てこないのが不思議なんですが、)めっちゃ歌わせようとしてくるな!?
元ジャニヲタだからめっちゃ抵抗あったし、掛け声はすれどここ日本でおまけに歌詞も韓国語だしまさか一曲全編通して歌うわけないじゃんって思ってたんだけど京セラ初日は結構みんな歌ってた気がする。Lucky、Run、AngelとかGirl x Friendのあたりは特に声が大きかったかなあ。
ジャニーズ界隈では「あくまでも本人の歌を聴きに来てるのであってお前のカラオケに付き合ってるんちゃうねん」っていうのが稀にいるカラオケウーマンに対する大多数の共通見解(だよね?)だったけどエクセルジャパンの皆さんの中ではどっちが多数派なんでしょう。Luckyは歌詞かなり覚えてたので私も歌ってみたら案外快感でビビりました。気持ちよかったです。ちょっと癖になりそうで怖い。

文句たらたらですけど最後に京セラ2年目にも関わらずジャンピング禁止を知らずに煽ってくる件で締めようと思います。スタッフとか教えてくれないのかな?前のお客さんが、ジャンプって煽られるたびにこころもち大きめにペンラ振ってて思いやりの精神を感じ取りました。優しい世界かよ。
あ、3800円の凶器ペンラのことも忘れてた。あれ、万が一汗で手が滑ってどこかに飛んで行ったらどうしようと考えるだけで余計に手汗でてくるし、何よりめっちゃ筋肉痛になりますね?腕立て伏せ出来ないくらい腕の筋力がないので左右で持ち替えたりして大変でした……。
友達に最近よく聞くキンブレは8色くらいに光って2000円台であり、1色でその値段なのはぼったくりでしかないって言われました。全くもって百理ありますね(笑)

ここまで怒涛の不満ラッシュでしたけど、ブルーレイ買いませんけど、どういうわけかすごく多幸感のあるコンサートでした。
多分チャニョルのおかげかなあ。本当に日本語頑張ってるのが伝わってきて、すごく嬉しかった。Amebaブログ開設はえくそを好きになってからこれまでで一番嬉しかった出来事です。日本での仕事がなくなった途端パタリと更新されなくなったけど(笑)、開設してくれたことに大きな意味があるのでもういいです。次の更新はファンミあたりだと思って気長に待ちます。
ギョンスも関西弁のイントネーション上手すぎてびっくり。ViViでもたくさん料亭の名前をあげてくれたり無印のポーチを愛用してくれてたり、いい人すぎるでしょ…。えくその良心。コンサートで見たときには、人一倍大きくペンラ振ってお客さん煽った後に三方向くらいに深々とお辞儀してセンステの方に戻って行ってて、これまでギョンスにあんまり視線向けたことなかったけどこれは前髪が永遠に伸びない症候群でもファンは離れられませんわ~と思いました(一言多い)

さて、MAMAのことも書くつもりだったんですけどなんて書けばいいのかわからなくて、もしシウミンが2018年あたりで兵役行く年齢だったなら今年猛攻撃かけて大賞2つ貰うくらいの気概でやって、来年からは出ないみたいな幕引きが一番美しいんじゃないかな、と思うんだけど全然時間あるもんなあ(笑)
あと3年大賞取れるかって言われたら正直取れないんじゃないかなあと思ってるんです。
今年のMAMAのような心残りがなく、綺麗に終わってくれさえすればそれでいいのだけれど、ずっとてっぺんに立ってて、それでいていつ消えてしまうか分からないような儚さを兼ね備えてる過去のえくそを越えるコンセプトを見付け出せるのだろうか?
贔屓目なのは分かってるんですけど、私にとって本当に夢みたいな存在なんですよね。華やかでありながら儚げであるということ、ルハンが1番体現してたように思うんですが、ルハンがいなくなってもえくそはその雰囲気をキープし続けてますね。1人欠けてもファンの夢を壊さないように全体の雰囲気を変えないようにずーっと頑張ってきてるよなあ…。本当にすごいことですよね。

どうして、アイドルの血のにじむような努力をファンとして評価できる場が人気という指標にしかないんでしょうね。人気は生ものだから、今のTWICEが若干いまいちな曲でカムバしても無双できる一方で(いやTWICEのファンに喧嘩を売りたいわけではないんですが)落ち目のグループがどんな良曲を出しても1位を取れる保証は全くないわけです…。
今後、えくそにウルロンみたいな流行曲になれそうな曲がもう一度出ても、ボーカルの実力が上がっても、ダンスがびっくりするほど揃うようになっても、それが人気のV字回復につながるとは限らないわけです。

なんだかすごく悔しいですよね。当たり前だし、しょうがないことだし、メンバーはもちろん刹那さが売りの職業であることを承知の上でそれに人生をかけてきたのに私なんかがうじうじ文句を言うのは失礼だとは思いますがそれでも、他に何かないかと探したくなるのも仕方ないことなのでしょうか?
去年、A Pinkが1位を取れなくて泣いていたのを見て以来いろいろなことを考えてしまいます。

とりあえず、大人になったアイドルのロールモデルとしてはSJのDevilが、円熟味があって私はすごく好きなんですよね。30代のアイドルとして、若作りしているわけでもなくアイドルという枠の中に収まっている、本当に絶妙なポイントを突いてきたなあという感じがしました。SMは本当にそういう勘だけは鋭くて腹が立つくらいです…。
ジャニーズだと、あんまりテレビには出てこないけどV6は曲もバリエーション豊かでガツガツ踊るしベテランアイドルとして一つの理想形なんじゃないかなあ。しゃいににはそこを目指してほしいなあとひそかに考えています。そこはえくそじゃないんかいって感じですね(笑)でもV6としゃいにってどこか親和性があると思いませんか?

さて、中途半端ですがここで完結させます、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

2016年個人的K-POP楽曲大賞②(ベスト4~1&番外編)

結局、我慢できるはずもなく②も書き終わってしまいました。続けます。

4位 아주 NICE /Seventeen

これは名曲でしょう…。
飽きのこない、次々とメロディー展開が変わる構成。1サビの後はラップからの歌だったのに2サビでは歌からのラップになってるところがマンネリ解消に一役買っていると思います。HIPHOPチームの声の男くささとボーカルチームの声のかわいさが交互にくることでうまいこと混ざりあってて、特に2:09からのかわいいワルツ調みたいなとこ歌ってる人はだれですかね!?

メンバーのウジくんが全部曲を作ってるみたいなんですが、本当にすごいなあと思います。夏はずっとこのアジュナイスを聞いていたんですが冬はどういうわけか2015年に回帰してファーストミニアルバムに収録されている20とアッキンダ(Adore U)を聞いてました(笑)20は歌詞の「僕は君の朝になりたい、君は僕の夜になってほしい」っていうあたりには疑問が残りますが(絶対彼女は「おっ昼ならええんか!」って昼に浮気してると思う)ウジくんの作るメロディラインは優しい響きがしていいですね。ウジくんが作ったとのことで聞いてみたI.O.Iのソナギ、良すぎてずっと聞いてられます…。さよならを前面に出すんじゃなくて、あくまでもメインテーマは夕立ちってぼかしてるところがにくいなあ。
私はファンでいるにはえくその供給過多っぷりが心地いいので、えくそに自作メインに切り替えてほしいとは露ほども思わないんですが、自作ドル大好き人間なので他所で自作曲と聞きつけるとつい聞いてしまいます。隣の芝生は青いみたいな感じですかね。まあえくそでも自作曲は聞く前からお気に入りみたいなとこありますから、やっぱり自作曲が好きなのかもしれない。

3位 Cherish /EXO-CBX

Cherish

Cherish

チャンベクシ良すぎでしょ…。正直、You Tubeに上がってた予告動画がつまらなさすぎて全く期待してなかったんですけど聞いてみたら捨て曲なしの名盤でした。捨て曲なしって言ってもいまいちなのはないけれども全体的に小粒な印象があるのは否めない、みたいなアルバムから全曲スタメンプレイリスト入りみたいなレジェンド級のものまで幅広いんですけど、今回は完全に後者です。絶対バラードやん!っていうメンツでまさかのバラード曲ゼロ、というギャップもさることながらやっぱり楽曲自体の質が非常に高くて非の打ちどころがないです。カムバックが待ち遠しすぎる。
前置きのところで1アルバムからは1曲だけ、という制限を設けたのは完全にチェンベクシのせいです。明らかな贔屓で申し訳ないですけど、その制限がなければテン入りが確実だった2曲も是非聞いてください。

Juliet

Juliet

Rhythm After Summer

Rhythm After Summer

初めて聞いたときはJulietが1番、Cherishは2番だったんですが歌詞が熱烈かつピュアで、りゅうちぇるが言いそうな内容ですごく好きだったので断腸の思いでこっちにしました。Rhythm After Summerは最初聞いたときはあまりピンとこなかったのに、何度も聞くうちに余裕のある、熱帯夜みたいな(?)曲へとなりかわり、年が明けてからの再生回数は断トツだと思います。0:34の「いごんまち Sunday brunchめい」以降のサビ直前のパートの、力を抜いた歌い方が5年目ドルの色気が存分に感じられて大好きです。えくそも今年はなんと6年目ドルですよ…たまらんでしょ…。
あと、これは絶対誰にも共感してもらえないのを承知で言いますが、Cherishで「ぱじんごる」という歌詞が何回か出てくるんですけど、最後の最後でチェンが歌ってる「ぱじんごる」が何回聞いても「バージンガール」にしか聞こえなくて、処女厨かよ…と毎回ドン引きしてしまい、割と困ってます。あ、本来ドン引きされるべきは私なのは自覚の上です。ほんとに頭も耳もどうかしてる。でも一回このことを念頭に置いて聞いてみたらきっと誰でもそうにしか聞こえなくなるのでは?と思えるほど露骨に(他のパートではちゃんと聞こえるのにそこだけ)バージンガールなんですよ。いやほんとしつこくてすみませんが。

2位 사랑인걸(愛なんだ) /BOBBY, ク・ジュネ,キム・ドンヒョク(from iKON)

사랑인걸

사랑인걸

  • Bobby, Koo Junhoe & Kim Dong Hyeok
  • K-Pop
  • ¥200

ジュネとドンちゃんという声質正反対コンビによるバラードが外れるわけないやろ~~~~~(泣)(やばい奴)
iKONについて知らない方にとっては何のこっちゃだと思いますがMix&MatchというiKONのメンバーが決まる番組を見て彼らに相当な思い入れができてしまったのでやたら熱くなってます。すみません。

ジュネが個性を押し殺そうと努めてる感じの歌声が、えぷのGoodbye Summer(でフィーチャリングしてるギョンスの抑え気味の歌声)厨の私の鼓膜を打ち抜いてきます(泣)あくまでもカバーで、本来は他人の曲だから気を遣ったんですかね…。本当にこの曲がベストオブベストと言っても過言でない。今風に言えば最アンド高。
ドンちゃんとジュネの正反対コンビでバラード歌われるの、本当に弱いんですよね。ドンちゃんのか弱く繊細な声とジュネの野太い…というか、野性的?な声がハーモニー奏でてるのたまらんでしょ…。二人+ホンソクで歌ってた目鼻口を何回聞いたことか。ドンちゃんはもっと声量をつけて、あと数年後にソロデビューしてキュヒョンみたいにバラードを量産してほしい(YGだから量産には期待できないけど)。この曲では3:12の「さらんへ さらんへ」でもうちょっと声量上げてほしかったですね。唯一そこだけ本当に惜しい。

歌詞がいいのはそのまま原曲のおかげなのですが、ゼロ年代の雰囲気が色濃く漂う原曲を2016年バージョンとしてアップデートできたのはバビのラップの功績が大きいのではないでしょうか。バビのラップは都会的というかなんというか、洗練されてて本当に羨ましいです。さすがShow Me The Moneyチャンピオンは違いますね…。あんなラッパーがグループにいるとさぞ心強いでしょうね。バビにはラップバトルと名のつくもの全部に顔出してほしいくらい好きではあるけど(笑)、技術的には劣っていたとしてもそれぞれにそれぞれの良さがあるので他のアイドルラッパーをディスるつもりは全然ないです。

さて総括すると、この3人という組み合わせが最高すぎる上に歌詞が…歌詞が本当にいくらなんでも切なすぎて、失恋ソングの多さに定評のあるK-POPの中でも、私が今まで聞いてきた中では今のところこの曲が一番です。

1位 Lost /防弾少年団

Lost

Lost

エクセルを名乗っておきながらバンタンに魂を売ったのか!!!!って思われる方もいらっしゃると思うんですけど実際2016年、2,3ヶ月ほど魂を売りました……。春にまた詳しく書くつもりですが、バンタンが人気ある理由は実感しました。
一にダンス、二に楽曲の良さ。あとメンバーがめっちゃふざけられるところも身近な感じがしていいのかな。
MAMAの投票にあたって、 初めての大賞に嬉し泣きをするバンタンを見たいという気持ちより、トップから陥落するえくそを見たくないという気持ちがはるかに大きかったことと、事務所やらなんやらに不信感を抱いてしまったことが戻ってきた大きな要因です。
一つだけ例を挙げさせてもらうと、バンタンのDance Practice動画から練習室の変遷を見ていただければ事務所の大金を持ち慣れてない感が一発で分かっていただけると思います(笑)最新の練習室、あんなところに長時間いるとまぶしくて目がチカチカしそうだと思ってしまう。
結論として、バンタンはバンタンでえくそが敵わないところもありましたし、その逆も見つけられたのでもうこれ以上ここでバンタンについてなんやかんや言いません。

曲については、受験生だったので受験生応援ソングとしてこれを1位に選びました。あの明らかに努力家かつ自分に厳しそうなジョングクが「I never I will never I will never lose my dream」って歌うのめっちゃ心にきます…。
「ちょっと時間がかかっても自分の足で歩くよ この道がきっと僕の道だから 遠回りでもいつか届くはずだから」で、浪人生にも対応してくれる気遣いあふれる曲です。
あと歌詞の「きるいるだんごん くきるちゃぬんばんぼん」って聞こえるところ(だいぶアバウトにひらがなをあてましたが)、「ごん」と「ぼん」で韻踏んで(るように聞こえ)て、テンションが上がります。

ちなみに2015年リリースだとINFINITEのぱるこるむ(Walk to remember)が最高です。十代の迷いや不安が的確に歌詞に盛り込まれててすごくいい。
あとジャニーズだとテゴマスの「少年 〜Re:Story〜」とキスマイの「感じるままに輝いて」とかがよかったですね。NEWSの「フルスイング」と「WORLD QUEST」は鉄板として(元NEWS担)。他のJ-POPだと欅坂46の「サイレントマジョリティ」とback numberのSISTER、[Alexandros]のワタリドリにmiwaの「again x again」あたりも励みになりました。これだけ列挙すると言葉通り、塾帰りに節操なく片っ端から応援ソングを聞きまくったのが伝わると思います…。
でも何より一番頼りにしてたのはカロリーメイトのCMの「夢の背中」120秒ver.です。センター当日の朝にも見るくらい依存してました(笑)受験生の方がいらっしゃれば是非。


さて、体力切れで駆け足な感じは否めませんが番外編でMVランキングも作りたいと思います。こっちは2つしかないのでささっと終わらせるつもりです。

2位 너는 나 나는 너(君は僕 僕は君)/ZICO

またZICO??と思われたかもしれませんがこのMVは本当に細部まで凝ってておしゃれでかわいいんですよ!!曲名の通り、ZICOがいつもバイトの女の子と同じ服を着て来店してくるっていう、指輪までお揃いだったりするので冷静に考えたらだいぶやばい状況なんですけど、お店のセットや服の合わせ方など、目に入るもの全てがいちいちイケイケで、丁寧に作り込まれた世界観に引き込まれてしまい、細かい事をつっこむ気が失せると思います(笑)最初の方は相手役の女の子も「なんだこいつやべえ」みたいな目でジコを見てるけど最後は素直に世界観に溶け込んでるのと一緒で。そりゃ現実だったらキモすぎヤバすぎの通報案件間違いなしだけど、そこはMVだから……。
2回目の来店で、バイトの女の子がライダースがおんなじかつ靴紐がほどけてるのまで共通していることに気持ち悪くなって、ライダースを脱いでTシャツでレジ打ちをしてるのを受けて、ジコがちょっと得意げにライダースを脱いで同じプリントのニット1枚になって相手の反応をうかがってるところがシンプルにヤバくて本当に好きです。ここだけはちょっと世界観ではごまかせなかったですね。

1位 Russian Roulette /Red Velvet

片足だけカラータイツを履かされたりしていたあのレッベルがついにまともなコンセプトに…っていうだけでもう感涙ものですが、本当にこのゆめかわいい系コンセプトずっと続けてほしい。CDジャケットもとてつもなくかわいいので、最近流行りのメムノンとかいうゆめかわいい雑貨屋さんにさり気なく並べて置いたら週に3枚くらいは売れそう。

みんな髪色似合ってたし、アイリンとジョイの体操服は特にエロくてよかったし衣装も文句なし、とにかくジョイはあんなにかわいかったっけ??と驚きました。すごく垢抜けたし、グラデーションの金髪があんなに似合うとは…。フランス人形みたいでしたね。
エッセムタウンの時日本でのジョイ人気を実感しましたが、健康的かつ愛嬌があってかわいいみたいな立ち位置でしたよね?正真正銘の美人さんになっててたまげた。マメにリタッチしてたのか歌番組をいくつか追いかけてもまったくプリンになってなかったし、好感度がメーターを振り切れてしまいました。

カムバごとに軽い気持ちで楽しめるようなヨジャドルを探してたんですけど、逆に沼にズブズブしそうで怖いのでレッベルにはあまり手を出しすぎないでおこうと決意したところです。
ミニアルバムですが、表題曲以外もこのコンセプトで統一されてて、聞いていて楽しいです。収録曲のBad Draculaは似たような曲名のえぷのDraculaとはベクトルの向きが正反対で、きちんと差別化されているところに(同じく曲名が似てるIce Cream CakeとIce Creamにはそこまで明確な隔たりはないけどなんとなくグループコンセプトが違うのはわかる感じ)業界ナンバーワン事務所の強みを感じました。

もうすぐまたカムバするみたいですね!
正直デビュー時の髪のカラーリングで度肝を抜かれたはいいものの、その後はバラードやったかと思えばDumb Dumbになったりで、グループカラーがあまり見えてこないわ話題になっている様子もないわ、このままで大丈夫なの?とまったくの他人事ながら思っていたほどなので(Ice Cream Cakeは好きでよく聞きましたけど)まさかこんなにレッベルに興味を抱くことになるとは思いませんでした。この調子でかわいいコンセプトに恵まれるといいなあ。
(追記)今回のジョイのヘアメイクには全然納得できませんでした(怒)いつもはずれがなく無難にかわいいのはアイリーンだけですよね(怒)というか今回、逆にイェリが黒髪ぱっつん、年相応な感じで私の好みど真ん中を突いてきて驚いてます……。しかも学校の期末考査で1位だったらしい…失礼ながらまったくそうは見えない見た目なのにまさかの定期テストちゃんと頑張るドル(希少種)とは……最高すぎて胸が苦しいなあ…。

というわけで、長くなりましたが、2017年もイスマンちゃんを主体に韓国芸能業界にお金を差し出す1年になりそうです…。
音楽はこれだけ幅広く聞いても根本がエッセム脳なので、NCTもレッベルもしゃいにも一歩踏み出せば安易に沼にズブってしまう存在で、日々戦々恐々としています。
特に、昨年のしゃいにコン以来キーくんに理想を押しつけ続けてしまったせいで、もう年末の授賞式のことも何も考えず、ただキーくんの母性に身を任せてキーくんのファンになりたいなあ…と思うことは何度かありました(笑)しゃいには平和だし、日本語うまいし頻繁に日本でコンサートするしほんと理想形ですよね…。

2015年と比べて、追われている立場にあることを意識することでえくその魅力は増したように思うけれども、私の方はそれを意識することで、これまでほとんど気にしてこなかったえくその態度や扱われ方にやたら目を向けてしまうようになった気がします。歌謡祭などで構成上、テレビ局があからさまにバンタンとEXOとの扱いに気を遣っているのが見てとれて、なんだか自分まで疲れてしまうんですよね。
勿論えくそにはその何百倍もの心労がかかっているはずですが、そこは元々が多幸感とは無縁なアイドルなので…私の目がザルなのもあるんだけど…。

えくその去年のツアーで、京セラドームでの日程が金土日とあるうちの金曜日に行ったら上段がまるまる潰されていたのと、MAMAで次世代の台頭しているのとを短期間のうちに目の当たりにしてしまったためになかなかその衝撃から抜け出せずに悲観的なムードのまま年を越してしまったのですが、日本ツアーオーラスでもある日曜日は上段にもお客さんが入れられていたみたいで安心しました。えくその人気は傍から見れば未だに圧倒的なものだと思いますし、そこをファンが疑っても仕方ないので大船に乗った気持ちで今年も凶器ペンラ振り回しにドーム行きますね。

私がなんだかんだで文句たらたら言いながらも離れられないめんどくさいヲタクなのはこれまでと同じですし、ここまできて引き際の一番綺麗なえくそを見ないのはもったいないのでそこまではしっかりついていきます。現実的な線を言うとシウミンの兵役あたりまでは、メインとしてはあくまでもえくそにしがみついてると思うんですよね。セフンペンとはいえ、そこからセフンちゃんの兵役までもつかははっきり言って自信ないです。グループ活動が減っても、セフンちゃんはユニットもソロもなさそうだしなあ(笑)

さて、まさかのセフンちゃんディスで終わるのは流石にちょっとどうかと思いますけど、これで終わりです。最後まで読んでくださって本当にありがとうございました!

2016年個人的K-POP楽曲大賞①(ベスト10〜5)

イェーーーーーーイ!!!受験終わったぜ!!!!!!!!!!!
…という言葉で書き始めるつもりだったのですが我慢しきれず、センター後いまいち(というか全然)勉強に集中できていない自分に気付いたので受験が終わったらしたいことランキング、堂々の三か月連続1位だったひとりK-POP楽曲大賞を終わらせてしまってから国公立二次試験対策に挑むことにしました。大学受験を通して自分の甘ったれた根性も少しは改善されるかなあと思っていたんですが、驚くほどまったくもって何も変わってないですね。


とりあえず内容をざっと説明します。
2016年に発表された曲の中から、1枚のアルバムからは1曲のみという条件のもとでベスト10をランキング形式で選んでみました、というものです。iTunesの試聴リンクを貼りつけておいたので是非聞いてみて下さい。30秒程度なので読んでいる途中で途切れてしまいますが。
とりあえずApple Musicは神。TWICEを聞けないのは玉にきずですが、新しくリリースされた曲をすぐに聞けるだけでなくグループごとに代表曲をプレイリストとしてリストアップしてくれてたりするので、色んなグループの曲聞くようになって、改めてK-POPの音楽の幅の広さを感じたしEXOの音楽という領域をより緻密に自分の中で確定できた気がします。あとやっぱり韓国語って韻を踏みやすいですよね。特にラップだとそれが特長として目立ちますね。
ちなみに当企画はMAMAよりも数字、すなわちiTunesでの再生回数を尊重する方針ですのでご安心ください(だいぶ根に持ってる)

10位 Why So Lonely /Wonder Girls

Why So Lonely

Why So Lonely

  • ワンダーガールズ
  • K-Pop
  • ¥250

これ7月〜9月くらいまでかなりの頻度で聞いてたのに…もうだいぶ経つからこの順位となってしまいました。レトロで、なかなか見かけないレゲエ調の曲です。聞いたことない系統なのに妙に耳馴染みが良くてハマりました。なんだか落ち着いてるんですよね。肩の力を抜いてレコーディングされてる気がするんです。K-POPでレゲエって本当に珍しいと思うんですが、自分たちの文脈にきちんと取り込んでる感じがする。自分たちで作詞作曲したらしいので当然と言えば当然かもしれませんけど!それでも!
そういえば今年しゃいにも90年代をテーマにレトロなアルバムを出してましたが、レトロ流行ってるんですかね?
この曲を聞くまでWonder Girlsのことは本当に名前しか知らなくて、もちろん昔の曲はほとんど知らないんですがこの曲にハマりついでに再結成後に発表されたアルバムREBOOTを聞いてみたところ、なかなか好きな曲が多くてこれからも要チェックだなと思っています。たくさんの苦難を経て再結成して、デビュー9年目に歌うOPPA、すごくかっこよくないですか?あれ、とても可愛い曲ですけど、もし若いグループ、例えばTWICEが歌ってたらあざとくてなんだか鼻についたと思うんですよね。ある意味Wonder Girlsにしか歌いこなせない曲なんじゃないかなあと勝手に思ってます。
Why So Lonelyに話を戻すと、大人の余裕が感じられるおしゃれな曲です。初めて聞いたとき冒頭のあたりではサイゼに流れてそうだとか思っちゃったんですけど(笑)、メンバーが書いた歌詞も大人っぽくてやっぱり一皮むけたガールズグループならではの雰囲気があります。

9位 Soldier /テミン

Soldier

Soldier

One By Oneと迷いましたが去年の初夏にSoldierの聞きすぎで受験勉強に支障をきたしたことを思い出したのでやっぱりこっちを選びました。そもそも、Guess WhoといいDrip Dropといい、ほんとに事務所テミンちゃんのこと好きすぎだろって怒りたくなるくらい名曲ぞろいのアルバムでしたよね。ブルーノマーズから曲を買ってストックしておけるその財政状況には流石業界ナンバーワン!の一言。
5月にしゃいにコンに行ってその場でこの2曲を聞いて、予習していったPress Your Numberよりも聞き惚れてしまったんですが、っていうか去年Dangerの日本語版を用意できなかったから今年は日本語でお見せしたかったとかなんとか言ってくれるテミンちゃんが天使すぎてびっくりしたんですが、しゃいにコンが最高すぎた話は受験が終わってからじっくりするとして。

テミンちゃんがこの曲を気に入って自分で作詞したいと言って作詞したらしいですけど歌詞が神秘的な感じでめっちゃテミンっぽいと思いました。テミンっぽいというか、エッセムっぽいというか。あの事務所すぐテミンちゃんにピストルとか十字架とか合わせたがるじゃないですか。そういうのやらされすぎてちょっと性癖うつってもうたんかな…(察し)みたいなのはありましたね。
ソロ最初のミニアルバムも聞きましたけど、めっちゃ歌上手くなったし表現の幅も広がっててすごいなあと思いました。Aceと比べると格段に声が出るようになってますよね。(しつこいようですがOne By Oneと合わせて)テミンちゃんのボーカリストとしての一面を強く感じた曲でした。ただ最後のI was born to be a soldierをあの拍数で言うの、結構な無理難題じゃないですか?あんな涼しい顔して歌ってるようで実はテミンちゃんも自然体で歌えるように練習してたらめっちゃかわいいですね(オール妄想)。

実は少し前にテミンちゃんの日本語タメ口ラジオを聞いて以来、テミンちゃんの一挙手一投足褒めちぎり女になってしまいました。
youtu.be
これの40:22あたりからです。地球上のかわいいが全部詰まってます。下手にジルスチ○アートカフェでピンクの綿あめを溶かした飲み物を飲むよりもこのラジオをイヤホンで聞く方がダイレクトにかわいいを摂取できると思うのですがいかがでしょう?

パンサー向井「ここからはもうタメ口ね」
テミン「わかりまし…」
向「それ敬語です」
テ「わかたぁ!わかた!」

っていうやりとりがあるんですがいくらなんでもかわいすぎでしょう…。ほんとたまらんけど話が本筋からかなりずれてしまったのでこのラジオについてはもう何も言いません、ただ聞いてください。

あ、でもテミンちゃんのかわいさにも負けず、これだけはずっと言いたかったんですけど、Press Your NumberはふつうのMVだけじゃなくPerformanceバージョンの映像もiTunesで売られてるんですよ。しかも2つ!どうせ事務所が「うちのテミンもすっかり成長して異国の地でも一人でこんなにしっかり踊ってるんですよ~見て見て(はぁと)」って感じで出したんでしょうけどどう考えてもおかしいでしょ!!えこ贔屓もいい加減にしてほしい…。まあこんなに綺麗で踊れて歌えるアイドル、可愛がりたくなるのもわかるけどさあ…。ちょっと不公平じゃないかなあ…。

8位 데려다줄래(連れて行ってくれない?) /EXID

데려다줄래

데려다줄래

これーーーー!!!マジで最高では???(まだ8位)ただ上に貼ったiTunesの試聴ではラップが多めのところが切り取られてるのが惜しいです。実際もっとヒーリングソング寄りなのに…。
EXIDって、もちろん私もうぃあれのエロダンスで知った(ヒチョルとハニちゃんがバラエティで絡んでるのと、正確にどっちが先だったかは忘れたけど)し良い曲が多いのはなんとなく知ってたけどそういう賑やかな曲調がメインなのかな~って思ってたんですよね。同じアルバムのL.I.Eもその路線だし、サビが頭から離れなくなる中毒曲なのであんまり聞かないようにしてたんですけどL.I.Eも好きです。
というわけで私にとってはEXIDっぽくない曲だったんですが、この曲(未だになんて読むかわからん)のすごく優しい歌声が返却されたテストの点と冬の寒さにこごえる受験生の身にすごく沁みるんですよね…。最後にはI like you.の繰り返しと極め付けのI love you just the way you are.ですよ!!ほんまにありのままでいいんか!?!!!ってなります。
歌詞は、いま初めて訳を見たんですが、めっちゃ健気でいじらしい彼女の歌でした。ほんと健気すぎてびっくり。ピクニックデートの時にお弁当作ってくれそうな彼女像がここにありますね。セクシーダンスで売ってたはずなのにあまりの振り幅に驚きを隠せない…。あとショートカットのヘリンちゃんがかわいいですね。
さっき見たら2012年デビューなのにこれが初めてのフルアルバムだったって、比較的(まあSMはハイペース過ぎておかしいっちゃおかしい)寡作ですよね?今年はEXIDの曲をもうちょっと聞いてみようと思います。

7位 BERMUDA TRIANGLE(feat.Crush&Dean) /ZICO

ZICOって、 どういう人なのかあんまり分かってなかったんです。
まさかBlock Bのドンだったとは……。そもそも、文字的に似てるからBTOBとぶろびは兄弟みたいなもんだと思ってたわ……(どんだけエッセム以外に目を向けてなかったんだって話)
ぶろびの曲よりZICOの曲の方がメロンで売れてるってやばくないですか?韓国の大衆にとって本当にZICOがアイドルの枠を越えて受け入れられてるってことですよね?
で、この事実を知ってびっくりした数日後くらいに新曲が出て聞いてみると、その歌詞がめちゃくちゃドヤっててかっこよくて見事7位ランクインというわけです。ひと昔前の本田圭佑みたいな切れ味がありますね。

私が一番惹かれたのは、
「言いがかりが目的のリビューやインタビュー So cute 憂鬱なときに見るとちょうどいいんだよ」
ハァ~~~??何それ??最高なんですけど~~?????めっちゃかっけえ。

Crush、Deanとフューチャリングしてるんですが全員92年組らしく、「ひとつに集まってりゃ黙ってたってコンテンツ 何が起こったんだ92年には」っていう歌詞まであるんすよ…やっぱり自前で曲書くアイドルの強みを感じます。
「ぽんと出したと思えばBoom わずか数年後には掌握したMedia」「お前ら腹立つならネットに繋いでみな」「気持ちいいぜお前の頭上の空気」
こう並べてみると割とイラっとくるけどここまで言えるのすごいなあ、と感心しきりです。チャニョルも92年組なんでMAMAでこのステージに対するチャニョルのリアクションめっちゃ楽しみにしてたんですけどまさかの衣装替えにかぶるという…。バンタンはめっちゃ盛り上がってましたね。こんなんトップアイドルが見て絶対楽しいでしょ。チャニョルはこういうの絶対好きだと思ったんですけど本当に残念。

ZICOはぶろびでも他でもバンバン曲出してるみたいだし、YGの曲自作主義はいいがリリースが少なすぎるという欠点を克服してますね。いろんなところでアイドルの自作曲が増えてきて嬉しい。
あとDeanくんがえくそのBlack Pearlの作曲者って知りませんでした…。びくすのVoodooも作ってるって、若いのに本当にすごいですね。

6位 All Mine /f(x)

All Mine

All Mine

All Mine!!!!
f(x)の全楽曲の中でも三本の指に入るくらい好きです。聞いてほしいのは試聴リンクにあるサビじゃなく初っ端のAメロとアンバーのラップなんですけどね…なんならサビは間奏だと思ってるし…。
耳馴染みが良すぎでは???一回聞いて印象に残るようなRed Light系の曲ではないけどロングランになるタイプですね。私の中ではセブチの20も同じカテゴリの曲です。飽きがこなくて、お気に入りのスタメンプレイリストからなかなか落ちない感じ。
インパクトが大きい曲は何回か聞くともうお腹いっぱいになってしまうんですよね。えくそで言うとWolfとかMAMAとか、日常的にまわすプレイリストに入れるどころかもう音源だけで聞こうとは思わないもんなあ。あくまでも個人の意見ですけど。

SMの音ゲーやりながら自分はえぷの曲が好きだな、と気付いて結構聞いたりしてたんですけど、本当に素材がいいグループだなって改めて思う曲でした。やっぱりそこがきちんとしてるからどんなコンセプトでも映えるんだなあ。
すごく声が綺麗なんですよ。シンプルな構成だからこそそれが目立つ。しかも4人の声がそれぞれ聞き分けられるんですよね。歌詞はあなたのことが好きすぎてうまくふるまえないみたいな感じで、こういうのって王道ではあるんですがアイドルソングの原点みたいなとこあるじゃないですか?まあ日本の、っていうか秋元康の、だけど。
歌詞はそもそも全体的にファンタジックな雰囲気をかもしつつ直球でかわいいことを言っているのですが(歌詞を見ると実はEXOのなびそにょと若干似てるかもしれない)、アンバーのラップ部分が特にすごくかわいいんですよ。その中でもアンバーのラップの最後の「それそれしゃんど もっどぅげ(と私には聞こえる)」というところの発音のかわいさが猫みたいでとにかく凄まじくて、本当に一回聞いてみてほしいです。

あと、トロットにまで手を出したあたりかなり設立の動機のあたりが謎だったんですけど、2016年は正式なカムバをしなかった少女時代とf(x)がそれぞれSM Stationから新曲を発表したっていうのは、Stationは活動があまり活発でないグループのファン離れを阻止するための役割も担ってるのかなあと思いました。ソシ、SJのメンバーとか結構個人で出てましたしね。もちろんそういったグループに限らず、えくそやレッベルといったまだ本格的なソロデビューはなさそうなグループのメンバーでも安易にソロ活動をさせてもらえる場があるのはファンとしては嬉しいことです。
曲だけじゃなくMVも作ってましたしかなり予算を食いそうな企画ですけど2017年も続けるんですかね?

5位 Winter Heat /EXO

Winter Heat

Winter Heat

  • EXO
  • ポップ
  • ¥250

今年のアルバムEX'ACTとやら、活動曲以外ぜんっぜん好みじゃなかったんですよね!!!!マジで!!実際コンサートで聞いて好きになりかけた曲もあったのでちゃんと聞きこめば好きになれたのかもしれないけど今年は色々なグループの曲に手を出していたのでまあ無理して好きにならんでもいいかな、と諦めてしまった結果ウィンターアルバムが出る前のランキングではえくそが1曲もランクインしてなかったんですが、幸いなことに今年のウィンターアルバムが私の中でかなりヒットだったので2016年いい感じで終われてよかったです。
収録曲のFalling For Youの冒頭なんですが、ボーカルメンが「Ooh ah ooh ah」って美声を響かせた後チャニョルが控えめに「Ooh ah ooh ah」って歌うのめっちゃかわいくてつい巻き戻ししてしまうのはあるあるですよね??

てな具合で、いくつか他の曲とも迷いましたが全体的に耳に残るメロディーや構成だったところからWinter Heatにしました。ラップでチャニョルもセフンちゃんも「えっそ」って言うのになぜか性癖くすぐられました…めっちゃセクシーやん…?
LOVE ME RIGHT以降では三本の指に必ず入るくらい好きです、とか言い始めると本当に5位でよかったのか?と迷いが出てきますが(笑)、かなり考えた結果なのでもう順位は変えません。
ちょっと話を変えると、えくそは最近、歌詞を要約すると「君のことが好きすぎてやばい」だけでおさまってしまう曲が多いように思えます。私はメロディが気に入れば歌詞はあんまり気にならないタイプなんですが、それでも(笑)

パート分けについて話すと、初期と比べてチャニョル、シウミン、カイくんの歌唱力が向上したこともあってその三人のパートが増えてきた(と同時にスホさんのが減った)気がするなあ、と漠然と思ってたんですが、この曲は本当にみんなで仲良く歌パートを分け合ったなあと思いました(MAMAの大賞を三者痛み分けにした件については激怒した癖にこれについては関係ないので文句ひとつ言わないセフンペン)。贅沢な感じがしてこれはこれでいいですね。やっぱり初期からのボーカルメンはなかなか強いですが。
ファンとしての贔屓目ももちろんありますけど、えくそは本当にボーカルの声が多彩だなあと最近特によく思います。セフン以外の全員が歌いますし、そりゃ8人もいて全員同じ声なわけもないんですけど、チェンがメインボーカルでいてくれることのありがたさは折に触れ感じますし、レイさんとカイくんの声はアクセントというか、メロディの転換点に入れられるとすごく映えると思うんですよね。ただカイくん色が強すぎる曲も近頃出てきたように思うのでちょっとそこらへんのバランスはもうちょっと考えてみてほしいかな。テミンちゃんみたいな歌って踊れるセンターにしたいのか知りませんけど、左手薬指にペアリングつけてるようなメンバーのパートが増える一方って、他のメンバーに対していくらなんでも示しがつかないでしょ…。別にカイくんのアンチではないけど、そのあたり気をつけてる他のメンバーが報われなくないですか?


さて、楽曲大賞のつもりがまさかのえくその悪口で終わりとなってしまいますが、長くなるのでここでいったん区切りますね。
ちなみに2017年始まってまだ3週間ですが今年リリースされた曲の中ではNCT 127のHeartbreakerがすごくいいと思います。ダンスが揃っているNCTも気になるけれどあまりにひどいスタイリングを見るとなかなか踏ん切りがつかず、本格的には手を出せないでいるセフンペンです。今年もどうぞよろしくお願いします。

続きを書きました。
hzttt.hatenablog.com

好きなアイドルが脱退したときに聞きたいプレイリスト

めちゃくちゃ偏ってる私のiTunesから、今回は日本語歌詞のものにしぼって、すべてJ-POPの失恋ソングにしました。

特に意味はないですがさらっと歌詞を一文くらいSNSのプロフィールにぶっこむのもなかなかおすすめです。
 
今から紹介するのは、私がこの半年間「鬱ソング」というプレイリストに入れて涙ぐみながら聞きまくった珠玉のガチ鬱ソングです。
 
私の場合は結局は時が傷を(ある程度まで)癒してくれたのですが、フォロワー0のアカウントを作ってそこに閉じこもってしまうと本当に現実を見ずに過去の中で生きることができてしまうので、あまり勧めません。
たまには推しのいなくなったグループの姿を見て心に傷を負うことも、現実を受け入れるためには大切だと思います。
 
じゃあさっそくいきまーす。
もちろん曲に入れ込めるかどうかというのには曲調や声質(が好みか否か)も関係するでしょうし、1曲でもこれを読んでくださった方の心の支えになるようなものがあればいいなあと思います。
 
 

1. サヨナラのあとで /嵐

これが一番おすすめで、もうほんっとうにガッツリ1曲丸ごと聞いてみてほしいです。
ひとつずつ ひとつずつ 僕らが見てた世界は 寂しさを置き去りに 日常へと飲み込まれる いくつもの"もしも"がまとわりついたまま どんな言葉を並べたとしても 君はもういない
初っ端からガッツリ心をえぐってくる。
脱退しても何事もなかったかのように活動するグループ…推しのパートを歌う他メン…変わったダンスのフォーメーション…心の中で何度もツッコむ「お前そこじゃねえだろうが」…(鬱)
まあ大抵一度に抜けるのは1人だと思うんですけど、そうすると奇数→偶数あるいは偶数→奇数になるじゃないですか。結構大幅に隊形(陣形?)が変わりますよね…。
にぎやかなこの街の片隅で 何もできない僕がいる 空回り擦り切れてゆく 心がまだ震えてる
それぞれの記憶はかたちを変えるけど 君のことばに嘘はないことをずっと信じていたい
脱退を聞いた途端に脱退前の言動を変に勘ぐってしまったり、あのとき流した涙は偽物だったのかと疑ってしまったり、裏切られた気持ちになることってあるかもしれません。
どれだけ時が流れたとしても 忘れられない君がいる いびつなまま抱え込んだ 心がまだ疼いてる

2. ホイッスル 〜君と過ごした日々〜 /miwa

確かサッカーの何かの大会のテーマ曲だったと思うのでがっつりシュートだのホイッスルだの歌詞にありますが、比喩表現として聞けばこれもかなりのドンピシャ脱退ソングだと思います。
どれくらい夢を叶えてこれたかな? 喜びの裏に苦しみが隠れてる 誰にも言えないこともあったでしょう 一人じゃないよ ここにいるよ 「頑張れ」「大丈夫」 何度も繰り返した
走る君の姿は 眩しくて切なくて本当に好きだった いま見てる景色が遠くなっても 君と過ごした日々を忘れたくない
このサビ、最後にもう2回繰り返されるんで、感傷的になってる時に聞けばピアノの盛り上がりとともに涙腺も高まってきてふつうに泣きます。
泥だらけでもそれでも追いかけたもの 私にもいつか分かる日が来るのかな 
涙流す姿は ありのままで輝いてとても綺麗だった 時を止めて終わり告げたホイッスル 君にとって始まりの合図なんだよ
綺麗事ですけど、 まだまだ無理そうですけど、やっぱりいつかは、脱退をその子の人生のリスタートとして受け止められるようになりたいなあとこれを聞くたびに思います。
 

3.Eternal /赤西仁

かの有名なコピペがネットで一人歩きしがちですけど、曲自体はほんとに名曲なんで!!!!!!
無邪気な笑顔 変わらない仕草 ひとつひとつすべてが宝物
あなたが笑って生きてる ただそれだけで うれしくて あたたかくて 優しくなれる 
乗り越えなきゃならないことも あるでしょう 負けないで 何があっても ずっと そばにいるから
例えば願いが叶うなら 悲しみの涙が もう二度と あなたにこぼれないように 魔法をかけてくれますか
歌声が優しいのも相まって、めっちゃ無償の愛って感じする…ふつうに脱退云々関係なくアイドルファン必聴な曲だわ…。
この頃の赤西くんって割とまだやんちゃしてたイメージだったけど…。
 
「例えばいつか違う世界で 生まれ変わっても 僕らはそれぞれ同じように出会い 同じようにあなたを愛すでしょう」がこの場合ちょっとネックで、生まれ変わってもアイドルとファンか〜〜せめて飼い犬くらいにならせて欲しかったかな??感はあるけど赤西仁だってこんな視点からこの曲聞かれるなんて思ってないよな〜そりゃ私だってもちろん、結婚式の余興でこれを歌ってもらって感涙、みたいな関わり方したかったんだけど。

4.Only One /BoA

突然の言葉で シナリオみたいに進んでく ずれていくずれていく台詞だけが 噛み合わず 空を舞い ピリオドを打つ 
一度宣言されてしまったら、思いを伝える術がどこにもない。
SNSをやっていたとしても、自分と同じファンたちの放つ言葉の濁流の中にあっという間に飲み込まれてしまって、たかが一ファンの言葉なんて本当に無力なものなのだと痛感しました。
始まりも終わりも同じように 息もできないくらい鮮やかなScene 溢れ出す思いが虚しくさせるの どうすれば今を乗り越えられる?
私にとっては「始まりも終わりも同じように息もできないくらい鮮やかなScene」が本当に辛かったです。
こんな、こんなに綺麗な顔した人が本当に存在したんだって、ほとんど感動に近い気持ちで一目惚れしてファンになって、ここまでついてきてしまって、だけどアイドルとしての最後も呆気なかったですね(やたら自分語り挟む女)
 

5.奏 /スキマスイッチ

推しが年下のひとなら特に共感していただけるかな〜と思います。私の推しは年上なのですが世の汚れを知らないのかというほど純粋な人なので割と入れ込めました。
君が大人になってくその季節が 悲しい歌であふれないように 最後に何か君に伝えたくて さよならに代わる言葉を 僕は探してた
次の歌詞、ラストのサビのここが真骨頂ですよね〜
君が僕の前に現れた日から 何もかもが違く見えたんだ 朝も光も涙も歌う声も 君が輝きをくれたんだ
抑えきれない想いをこの声に乗せて 遠く君の街へ届けよう 
 

6.サヨナラ /miwa

脱退ってある程度自分の意思なわけじゃないですか。まあ大人の事情やらなんやら知りませんけど、表立って未練タラタラなコメントを残して辞めていく人はまあいませんよね。内心どう思っていようと私たちの目に入るのは前向きなコメントですよね。
だから本人にとっては「明るい未来へ向けた」、あるいはそこまでは言えなくとも「自ら選んだ」脱退なのに、ファンがウジウジ過去にとらわれて、そのグループの中にいる姿しか思い浮かべられないのであれば、離れるという選択もアリなのではないかなあって思ってしまう時もあるのではないでしょうか?
花は散りゆく 季節はめぐる 涙ひとしずく零れ落ちる いつか思い出にできるかな 好きすぎるから もうサヨナラ
ほんの少しでも未来見えたって 淡い期待だけさせないで 思いの果ては空の彼方に 悲しみに悲しみ重ねないで いつかきらいになるその前に もうサヨナラ
来年の抱負とか、いつかみんなで叶える目標とか、これからのことをいろいろ約束してくれてたの思い出して、うそつき、ばかやろう、と罵りたくなる気持ちになることもありました。
届かない背中にサヨナラ 巡り会えたこと間違いじゃないよね だけどもう伝えられない こんなにも好きなのに
そして、この曲を聞いて、あまりに苦しいからいっそ離れるという方向にだいぶ傾いてきて、最後に思い出振り返ろうとして踊ってる姿を見て。
 
そしたら、カウントは周りよりちょっと早いし、指先までピンと伸ばしているわけでもないし、たまに気を抜いて腕が半分までしか上がってないなんてときもあるし、別に、何が特別ってわけじゃない、上を探せばたくさんいるのは分かってるけど、それでも、もっとガムシャラに踊ってる斜め後ろの子や、一番上手いセンターの子を見たいわけじゃなくて、いつも一度目を向ければそれきり目も心も奪われて最後まで見てしまう魔法をかけられてしまう。
やっぱり目が離せなくて、だけど私が大好きなあの子が私が大好きなこの曲を踊ってるのはもう二度と見られないんだ、っていう葛藤を胸にしながら次の曲を聴くのがおすすめです(前フリ長い)
 

7.タイムマシン /テゴマス

1番は恋人との別れの歌ですが2番からの歌詞は全部当てはまりますよ…!
あの頃は別れなんて想像してなかった 失って気付く 何より大切なものに いまさら後悔 バカだね
オブラートに包んでも 見て見ぬふりしても まぶた閉じるだけでまぶしく浮かぶよ 悲しみを抱きしめ 今夜も夢にもぐる 君といた証だから
ここまでは前曲に引き続き過去をタラタラ引きずる感じなんですけど最後にグッと前向きな方へと舵を切ってくれます。
タイムマシンはないから 時間は戻せないから 子供じみた自分にさよならしなきゃ 痛みさえ抱きしめ 季節を進んでいこう 君といた証だから 愛してた証だから

8. 夕焼けと恋と自転車 /テゴマス

そしてこれ!!
序盤はガッツリ、片思いの子に告白してフラれるっていう歌詞なんですが、この曲の(脱退したアイドルを偲ぶ目的における)真髄は最後にあって、ピュアっピュアな思いの丈が込められていて、初心を思い出すというか、好きってこんなにシンプルなものだったなあ、難しいことなんてなんにも考えずにファンしてたなあ、と思い出せるのではないでしょうか。
自分で勝手に思い悩んでややこしくしてただけで、シンプルに好きという気持ちの向く方へ駆け出していけばいいと分かるかと思います。
でもこの曲はだいぶ落ち着いて、やさぐれる心配がなくなったくらいに聞いた方がいいです!!
夕焼け空に向かって いつまでも走ってくんだ そうさ僕は諦めないよ この気持ちはまっすぐで嘘じゃないから 
君のことが大好きなんだ こんな素敵な気持ち くれた君にそう ずっと全力で恋してるから
「こんな素敵な気持ちくれた君」のフレーズに涙ですよ…。何百回目を奪われたか、一目惚れし直したか、推し以外いないと再確認できますよ。
 

9. Smile /Kis-My-Ft2

この曲は自分を慰めるというのではなく、突然の脱退に対するバッシングで傷ついたであろう推しの心情を思いやってみるという趣旨で選びました。
(あのとき、理不尽な脱退には悲しんでいるものの他メンのファンからバッシングされてるのは納得できなかったので)
君の笑顔でこれだけの人が笑ってるのに 1人じゃないと気付いてほしいよ
いつかその涙も笑顔に変わる日が来るから 君にはずっと笑っていてほしいよ
この2つの歌詞はサビの部分なので最後にまた繰り返されます。曲名のように、ただ笑ってほしいという応援メッセージが純粋に込められている曲なので本当に推しに送りたかったですね。
っていうか一つ目の方の歌詞なんてあからさまにアイドルに宛てているようなものですよね??
下向いて何を見ているの 暗くて何も見えないの?誰が君のこと責めてるの?
言葉の暴力 心に猛毒入ったように 苦しく厳しく超ショック なぜか胸が苦しくて 張り裂けそうな思いだけ残って
何かに押しつぶされそうになっても それを跳ね返す強さを持ってよ 君にできないことはない 君は君らしく君でいればいい
言える立場ではないけど そんな暗い君 俺は見たくはない
君の笑顔でこれだけの人が笑ってるのに 1人じゃないと気付いてほしいよ いつかその涙も笑顔に変わる日が来るから 君にはずっと笑っていてほしいよ だからGive me your smile again 笑えば周りも笑顔になって 意味もないことも大切と気付くよ
(お気に入りの歌詞なのでもう一度載せました)
君にできないことはない( ;  ; )
人気不人気に関わらず、ほんとに、ファンにとっては好きなアイドルが一等賞なんだってことをアイドルはもっと分かってくれないと困りますよね…!世界中に数多ある綺麗事の中でもこの綺麗事だけは嘘じゃないって断言できます(笑)
 
 
以上です。プレイリストというには8曲となかなか少ないですね。当初は6曲だったのでこれでも少し増えましたが。
最後にあと数曲、歌詞は割と失恋ソングそのままですが私が個人的に好きでそのプレイリストに入れていた歌の好きなフレーズを載せて終わりにしようと思います。
実際の私の「鬱ソング」プレイリストにはまだまだ何曲もあるんですが、幸せ満点の歌を聞いて悲しさを煽り心の傷をえぐる、というマゾとしか思えない選曲が予想以上に多かったのでそれを除いたところこんなにこじんまりと収まってしまいました。
またいいのを見つけ次第随時更新するつもりです(笑)
 
○First Love /宇多田ヒカル
立ち止まる時間が動き出そうとしてる 忘れたくないことばかりよ 明日の今頃には 私はきっと泣いてる あなたを思ってるんだろう
You will always be inside my heart. いつもあなただけの場所があるから
Now and forever you are still the one. 今はまだ悲しいラブソング 新しい歌 歌えるまで
○only dreaming /V6
"together forever"  あの日僕が言ったこの言葉に 君はどうして見たこともない 悲しい顔して首を振るのだろうか
眠る前 君の名前 何度も何度も呼んで 夢の中 君の背中ただ追いかけた 届かない 近付かない どんなにどんなに遠く 離れても 離れても 消えてさえくれないの 朝が来ても 光が射しても 目が覚めても 何をしていても
○Candle /Hey! Say! JUMP
幸せ願えるよう 僕ができることは 君と見た夢乗せる 星がこの手に落ちなくても 二度と逢えなくても あの笑顔がずっと続くため 君に向けた思いの灯を願い込め消すこと

こじらせたタオペンがEXO'luXionに行った結果、EXOに毒気を抜かれてPromiseに心を洗われて帰ってきた件

さて、今から私がタオペンとEXOペンの二足のわらじを履くことに決めるまでの経緯(全然大したもんじゃなくて一言でまとめるとPromiseという名曲のおかげ)をだらだらと書きます。めちゃくちゃどうでもいいし字数だけでいうと小論文かってほど長いし何より無益だけど頑張って書いたので誰かに読んでもらえると嬉しい。

EXO'luXion大阪3日目に行ってきた。みんなめちゃめちゃパフォーマンスも日本語も頑張ってた。最初の個人挨拶を全員がフルで日本語で通したのは本当に凄いし、みんな忙しかったろうに勉強頑張ったんだなあと胸を打たれた。 
 
私はずっと自分の世界に閉じこもってばかりいて、次々にClose宣言を出すタオのペンカを漁って躍起になって「EXOのタオ」の画像をかき集めたりYouTubeで動画を見たりで過去を振り返ってばかりいたので(まさにPromiseの歌詞の通りで耳が痛い)、あれからもう半年以上経ってるっていう感覚がなくて、すでにタオの残り香さえないEXOの雰囲気とそのあまりの呆気なさにとにかく驚いた。
それと同時に今回EXOというグループの全体を初めて見て、メンバーの初めて知る魅力に驚き通しの3時間だった。パフォーマンスやMCが進化してたのはもちろんだけど、私が好きだったEXOがそっくりそのまま残されてることにすごくびっくりした。ひとりふたりいなくても根底にあるオーラや雰囲気は揺るがないものなのかと、寂しいような嬉しいような複雑な気持ちになった。
 
私は元来コンサートでは推しの子に双眼鏡ロックオンするタイプで、近くで手を振る他メンより遠くの推しの踊ってる後ろ姿を優先してたから推しのいない今、序盤は誰を見ればいいのか分からなくてすごく戸惑った。
スクリーンを見ることが多かったけど、要所要所でカメラに抜かれるカイくんの表情の作り方はアジアのトップスターたるEXOのセンターにふさわしく本当に見事だった。首をかしげて口角を片方だけ吊り上げるかっこつけ笑いがあんなに様になる人そうそういないよなあ…
と言いつつセフンの髪型があまりにも完璧で、行く前はカイくんカイくん言ってたくせに結局途中からはセフンばっかり見てた(笑)Baby Don't CryをBGMに水浸しで踊るセフンは水もしたたるいい男過ぎだったしアンコールでグッズのパーカーのフードかぶってるのも私の好み直球どストライクだったしこれ以上好きにさせてヌナのことどうするの?って感じ(ヌナじゃない)
中盤からはセフンが近くを通れば無意識にセフンに双眼鏡をロックオンしてしまってて、自然にこんなことしてる自分がタオに対して薄情に思えたしセフンにキャーキャー言いつつも妙な罪悪感を拭えず、妙に居心地が悪かった。予想とは裏腹に(行く前は本当に見るのが嫌で行きたくなかった)コンサートを楽しめていたのもこの時間が終わってほしくないと心から願っていたのも事実だけど、もう終わりにしようかと決めかけていた。
 
だから正直Promiseが無ければ私は、心置きなくEXOから離れられてたと思う。でもPromiseを歌われて、お恥ずかしながら私は初めてその日本語訳を見たのだけれど、歌詞があまりにもリアルなところを突いてきて痛いほど心に刺さって、私が勝手に逆恨みしてたチャニョルのラップで心を動かされて泣きじゃくって、タオのいないEXOにずっと抱いてたわだかまりのようなものが消えた気がした。
特に歌詞の内容といい抑揚のつけ方といいチャニョルのラップの迫力が尋常じゃなく、まるで心を鷲掴みされて直接訴えかけられているようで、頭をガツンと打たれたような衝撃だった。
EXOほどになればファンが1人や2人いなくなっても痛くもなんともないのは重々承知してるのに、そういったやさぐれた心を癒して、純粋にこの人達のことをもっと見たい知りたいというファンになったときの初心を思い出させてくれて、さらにはすごく痛いことを言うと、あのEXOがちっぽけな私個人に向けて、どうかずっとEXOのファンでいてほしいと言ってくれているようにも聞こえる曲だった。名曲すぎて言葉が見つからない。現実逃避してLOVE ME RIGHTの収録曲はただの一度も聞かなかった事が本当に悔やまれる(笑)
 
そしてタオがいなくてもほとんどパーフェクトだったEXOを見て、もうタオとこの人達は絶対に交わることがないという事実を骨の髄まで思い知らされたことも踏ん切りをつける一因になったと思う。
それに、前回も今回も、毎度毎度最初に準備していた人数からツアー途中に必ず誰かが欠けて構成が変更になっているけれど、このことはメンバーにとってどれほど苦痛だったのだろうと考えるようになり、残された側の痛みを推し量ろうとすればするほど、そもそも違う道を歩んでいる別の個体をもう一度押し戻してほしいと願うことがその人の穴を埋めようともがいている残された側にも、そこから出て行くという大きな決断に踏み切った側にも、どれだけ失礼なことかようやくわかった。
 
私は、これまでタオが脱退した後メンバーたちのことを一切考えず自分の都合ばかり振りかざして物事を考えていた。今も尚タオとメンバーが何らかの繋がりを持っていると考えたかったし、それ以上に誰かが空席となったタオのポジションを埋めることを「奪われた」かのように思い毛嫌いしていた。グループとして機能する以上仕方がないことなのに、それがどうしても受け入れられなかった。
 
今年のSMTOWNでチャニョルがタオの代わりに、WOLFでスホさんの後ろで3人が肩組んでる中の真ん中の、タオがいたポジションにいるのを見たときは本当に許せなくて悔しくて涙が出た。
もしタオがいたらタオがしてたであろうLOVE ME RIGHTのChinese.verのラップをしてたのと相まって、チャニョルのことを勝手に逆恨みしていた。
流石に私だってチャニョルが多忙な中短期間で、おそらく歌詞の意味もわからないままラップを身につけるのがどれだけ大変だったか少しも想像がつかないわけじゃなかったけど、それよりもタオとは正反対のチャニョルの低い声がLMRの曲調にすごく合ってるのが一層忌々しさを募った。
 
もちろんそれはまったくの筋違いな逆恨みで、メンバーはただの一ファンの私よりもずっとずっと傷ついて苦しんでたんだなあと、そんなの当たり前のことなのにPromiseの2番の歌詞を聞いて、さらに家に帰ってから改めてPromiseの日本語字幕つき動画([FMV] EXO - Promise(約束) 日本語字幕 [修正版] - YouTube)を何度も見返して、その動画の中で涙を流すメンバーたちを見て、ようやく心の底からそのことに気付けた。
 
脱退後のタオの行動に疑問を隠さずにはいられなかったのは事実だけど、無心にタオをなんでもかんでも正当化しないとその不信感を乗り越えてタオを好きでい続ける自信がなかったのかもしれない。誰に強いられたわけでもないのに、あの時はEXOを抜けた後もタオのファンでいないと、という強迫観念をすごく持ってて、誰に頼まれてファンやってるわけでもないのにひとりよがりに葛藤してバカみたいだったなと思う(笑)
なんだかんだ言って今もタオにしか抱かない類の感情(表現キモすぎですみません)があるのは確かで、タオペンをやめるつもりは毛頭ないし、今でも大学生になったらいつかタオと遭遇したときのために第二外国語で中国語を選択するの(はぁと)というお花畑思考なのは変わらない。
 
EXOの方に対しては、ファンクラブは更新しなかったから今更入り直すのも…とすごく迷ってたけどこの記事を書いていて、タオペンでい続けてEXOもゆるく応援し続けるというスタンスでいこうかなあと心を固められた気がする。所謂掛け持ちだし体裁は悪いかもしれないけど、単純に、進化し続けるEXOを毎年この目で見たいと思ったからまあ自分の気持ちに嘘はつかないで正直に生きよう、このままいけるところまでいってみようかと吹っ切れてしまった。
 
amazonのアプリを開くたびLOVE ME RIGHTの日本盤の広告が出てくるのが憂鬱で憂鬱でたまらなかった2週間前の私がこの有り様を見たら腰を抜かすだろうけど、なんといまの私はEXOの活躍をもっと見たい、ベクの綺麗な歌声も、もう変にとがった気持ちで聞く必要のなくなったチャニョルのラップも、SHINeeのように上達していくであろうEXOの日本語も、もっともっと聞きたいと思ってる(笑)
 
コンサートに行かなければEXOの真の魅力にも気付かず、これから日本で活動を展開していくであろうEXOを苦々しく思い続けるところだったのかと思うと、絶対にコンサートに行ってから決めた方がいいと助言してくれた、私をK-POPに引きずり込んだお友達にはこれからも頭が上がらないのは確かかな(笑)いつも本当にありがとう。
 
EXOから目が離せないのは間違いないので、おとなしく一からペンカさんたちをフォローし直してEXOペンとして出直すことに決めました!!
ということで、とりあえず今日はここで締めることにします。

追記
Promiseがチェン作詞ということは知ってたけどラップ部分はチャニョルが、作曲はレイさんが、ということは知らなくて、
「すでに破ってしまった約束のせいで信じられないことは分かってる それでも君のそばで生き続けたい あの頃のように幸せになるのを祈って」
という私の涙腺を最も刺激した歌詞のひとつ(訳は上に載せた動画から引用させていただきました)を考えたチャニョルがこれをソウルで披露したあと、ペンもメンバーもなみだなみだで公演を終えて決意を新たにしたそのあとに、タオで抜けた穴を埋めるために奔走したのかと思うともうなんか…どんだけ辛かったんだと……。
インスタでタオをアンフォローしたりタオのパートを引き継いだりしてるのを知った時、自分の無知さの上に堂々とあぐらをかいて穏やかでない言葉を吐いた自分が情けなさすぎて、本当に申し訳ないという言葉では到底足りないくらい反省で胸がいっぱいで、ほんと私どうしようもない奴だ…ごめんなさいって何回言っても足りないですね…
こんな奴が「Promise最高( ; ; )EXO最高( ; ; )これからもついていく。。」とか言ってるのあまりにも滑稽で片腹痛いわ…はあ…本当に最低だ…という懺悔の気持ちに押しつぶされそうなところです…後味悪いブログになりましたが今度こそ以上です…。チャニョルさん本当にすみませんでした…。